住みやすい「区」とは!?

query_builder 2022/10/24
ブログ


皆さんこんにちは。

加藤勝信厚生労働相が18日の記者会見で、

妊娠した女性に1人当たり10万円のクーポン券を給付することを表明しました。

政策の良し悪しについては色々あると思いますが、

子育てには色々と支援が必要ですよね。

そこで今回は横浜市でオススメの子育て場所をご紹介します。

横浜には全部で18区ありますが、その中でファミリー層に人気の区をピックアップしています。


①戸塚区

戸塚区の中でも戸塚駅は非常に住みやすくなっています。

JR線と市営地下鉄があり、交通の便の良さ、

駅前には、「戸塚パルソ」、「トツカーナ」、「サクラス戸塚」など

商業施設があります。

また、「イオン戸塚店」、「業務スーパー戸塚店」、「業務スーパー山手台店」

などのスーパーマーケットも充実しており、

生活していく上で困ることは無さそうです。

鎌倉も近いので休日は、足を延ばして「鎌倉で過ごす」。

そんな生活はいかがでしょうか!


②青葉区

青葉区は東急田園都市線が横に貫いていて、

「たまプラーザ駅」、「あざみ野」駅など人気の駅があります。

特に高級住宅地としても知られる「青葉台」駅は人気となっています。

駅直結の大型ショッピングモール「青葉台東急スクエア」を中心に

「成城石井 青葉台店」や「明治屋青葉台ストアー」などがあります。

こどもの国という広大な公園もある為、子供と身体を動かすにはもってこいです。

青葉区では、区内にある6か所の市立保育園において、

「子育て応援保育園」という登録制の子育て支援サービスを実施しているようです。

出産予定を控えこれから親となる人、

または家庭で0歳から2歳台の赤ちゃんを育てている人を対象とし、

育児に関するさまざまな支援やサービスが利用可能になるなど、

子育てに力を入れていると言えるでしょう。


③鶴見区 

最後にご紹介するのは鶴見区の鶴見駅です。

京浜工業地帯の近くに位置しており、

工場のイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

駅前は整備が進んでいて綺麗で、都心への近さからタワーマンション需給が多く

実は、穴場スポット的な存在です。

JR線の鶴見駅には、直結の「CIAL(シァル)鶴見」がありますので、

買い物に困ることはありません。

また、西友や業務スーパーもあります。

 


いかがだったでしょうか。

一口に横浜市といっても、いろいろなエリアがあります。

皆さんも是非理想の住まいを横浜で見つけてみて下さい。

もちろん、自分で探すのが大変だという方は、

ヤマダ不動産新山下店までお気軽にお越し下さいませ。


記事検索

NEW

  • 自分たちに合う「土地」を探そう!

    query_builder 2023/01/31
  • 受験シーズン、到来。

    query_builder 2023/01/28
  • リフォームやリノベーションのこと。

    query_builder 2022/12/28
  • 景気は日銀次第??

    query_builder 2022/12/23
  • 横浜ならではのクリスマスシーズン到来。

    query_builder 2022/12/16

CATEGORY

ARCHIVE