期間限定の小学校が存在した!!

query_builder 2023/07/20
ブログ

皆さんこんにちは。

 

唐突ですが、横浜には「10年間限定で運営されている小学校がある」

ことをご存知でしょうか。

その小学校は、20184月に開校した

横浜市立みなとみらい本町小学校(西区高島1丁目)

です。

地図で確認するビックリしてしまう場所に

あることが分かります。

JR横浜駅から徒歩10分という立地。

目の前には、日産本社やソニーの関連事業所など

オフィスビルが並ぶみなとみらい21地区にあり、

通学してる子供達を、どこか、うらやましく思ってしまいます。

(私だけですかね、、、)

学校の敷地は10,000平方メートル以上の

敷地面積を確保しているそうです。

広さとしては、東京ドームのおよそ2個分。

これだけあれば、みなとみらい21のど真ん中でも

運動会が行えるそうです。

 

そこで今回は、

みなとみらい本町小学校と

その周辺について解説します。

 

そもそも「10年間限定の小学校」が出来た経緯は、

近くにある本町小学校(中区)の学区内に

タワーマンション建設が相次ぎ、

児童数の急増が予想されたことによるものだそうです。

特に「みなとみらい6丁目」は、

平成23年と令和3年の人口を比較すると

1000人以上も増加しています。

「みなとみらい6丁目」には、

子供に大人気の「アンパンミュージアム」が

あることは広く知られています。

マンションですと、「ブルーハーバータワーみなとみらい」があります。

このような高層マンションに移り住む方の増加で、

当初開校時に289人だった児童数は、

現在の推計では、

今後減少に向かうどころか増加し、

閉校後の28年度には開校時点の

2倍近い541人に増える見通しだそうです。

 

土地の価格は当然高いですが、

それでも人を惹きつける魅力がある証拠ですね。

近くにオーケーストアがあることから、

生活便は依然として良いことが考えられ、

今後も人口が減少することは、

考えにくいかもしれません。

 

市としては、28年で閉校する予定で、

閉校した後は更地に戻す予定だとか。

ただ、市としては、

他の学校に受け入れる程の余裕が

他校にないのが現場で、

増加の流れを受けて、

方針を変更する可能性もあるとのことでした。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

みなとみらい地区のマンションは、

賃料で20万以上、

購入するとなると8000万以上はするような場所柄ですが、

憧れちゃいますね。

 

ヤマダ不動産新山下店では、

貴方にあった理想のお住まいを探します。

もちろん、みなとみらい本町小学校でも大丈夫です。

是非一度当店までお越しください。


記事検索

NEW

  • 栄区、あじさい祭り

    query_builder 2024/06/12
  • 開港祭。盛り上がりました。

    query_builder 2024/06/06
  • 男性の育児休暇のお話。

    query_builder 2024/05/16
  • 人口増加率「NO.1」 川崎市の躍進。

    query_builder 2024/04/28
  • 続編。上瀬谷地区のその後。

    query_builder 2024/04/14

CATEGORY

ARCHIVE