ヒガンバナを楽しめお寺の話。

query_builder 2023/10/05
ブログ


皆さんこんにちは。

 

10月に入って、ようやく涼しくなりました。

いかがお過ごしでしょうか。


秋といえばお彼岸ですね。

お彼岸の時期は、

少し過ぎてしまいましたがが、、、


そのお彼岸の風物詩と言えば、

ヒガンバナ。


今年は、温暖化の影響で、

お彼岸を過ぎてから咲き始め、

今、見頃を迎えているところもあります。


横浜でも彼岸花を楽しめるスポットが

いくつかあります。

その中でも今回は、港北区にある

「西方寺」をご紹介致します。

 

今回ご紹介する「西方寺」は、真言宗系で、

およそ800年前に鎌倉に創建され、

その後、およそ500年前に

新羽の地に移ってきたお寺です。


横浜市営地下鉄ブルーラインの新羽駅

を降りると東西に県道140号が貫いており、

西の方に歩いて行くと見えてきます。


重要文化財なども展示しており、

歴史を感じることも出来ますが、

こちらは花の寺としても有名です。


春は桜、

夏はつつじやあやめが

境内に咲いています。

 

中でも見応えがある彼岸花は

例年9月中旬から下旬ごろがベストだとか。


で、今年は。


公式ホームページを見てみると、

9月下旬から見頃を迎えているとのことです。

時間を作って、ぜひ見たい。。。


さらに、冬には、小ぶりで可愛らしい満月蝋梅

という花が香りとともに楽しめます。

 

また、毎月、写経会や御詠歌教室、

阿字観瞑想会が開催されていたり、

夜間観曼珠沙華会で行われる

「彼岸花のライトアップ」をやっているそうです。

幻想的な光景ですので必見です。

 

また、西方寺のある新羽駅は、

住みやすいことでも有名です。

 

ブルーラインを使えば横浜駅まで15分、

新幹線の止まる新横浜駅は、二駅隣です。

駅前のバス停からは、

「イケア港北」や「ららぽーと横浜」方面

に行くバスも発着しているので便利です。

駅前もスーパーやドラッグストアなどの

生活のインフラは整ってると言えそうです。

 

工場が誘致されている地域もあり、

昼間の人口が多いことも特徴です。

新羽は、街中に

「住宅と工場の共存する街」

などの看板があったりします。

住宅街としての発展しているので、

住みやすい街に変わりはありません。

 

いかがだったでしょうか。

まずは、ヒガンバナを見に、

西方寺と新羽まで

足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

ヤマダ不動産新山下店では、

新羽周辺の物件や不動産情報を多く仕入れております。

当店の方にも是非お越し下さいませ。


記事検索

NEW

  • 男性の育児休暇のお話。

    query_builder 2024/05/16
  • 人口増加率「NO.1」 川崎市の躍進。

    query_builder 2024/04/28
  • 続編。上瀬谷地区のその後。

    query_builder 2024/04/14
  • 戸塚の「桜まつり」、もうすぐです。

    query_builder 2024/03/25
  • 利便性向上。「高田」駅周辺

    query_builder 2024/03/17

CATEGORY

ARCHIVE