相続した不動産(戸建て・土地)の売却にかかる税金は?

query_builder 2022/05/10
コラム
9

「親から相続した不動産を売りたい」というかたはいませんか?
そこで今回は、相続した不動産(戸建て・土地)の売却にかかる税金について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼相続した不動産の売却にかかる税金
不動産の売却時には、以下のような税金がかかります。

■印紙税
不動産売買契約書の作成時には、契約書に印紙を貼るための印紙代が発生します。
契約金額により印紙税が異なります。

・10万円超50万円以下…200円
・50万円超100万円以下…500円
・100万円超500万円以下…1,000円
・500万円超1,000万円以下…5,000円
・1,000万円超5,000万円以下…1万円
・5,000万円超1億円以下…3万円
・10億円超50億円以下…32万円
・50億円超…48万円

■譲渡所得税、住民税
不動産の売却益が発生した場合に支払う税金です。
譲渡所得税や住民税は、不動産の保有期間によって税率が変わります。
保有期間が5年以下の場合、所得税は「課税譲渡所得金額(売却益)×30%」、住民税は「課税譲渡所得金額×9%」という式で計算できます。
5年超の場合、所得税は「課税譲渡所得金額×15%」、住民是は「課税譲渡所得金額×5%」という式で算出できますよ。

▼まとめ
ちなみに「取得費加算の特例」「3,000万円特別控除」「ふるさと納税」などを利用すると、税金を安くできますよ。
横浜市のヤマダ不動産 新山下店では、お客様の立場に立った不動産売却プランをご提案しております。
「相続した不動産をどうしようか迷っている」という場合も、ぜひお気軽にご相談ください。

記事検索

NEW

  • 任意売却の流れは?

    query_builder 2022/05/17
  • 任意売却後の残債(住宅ローン)はどうなるの?

    query_builder 2022/05/17
  • 任意売却ができる期間は?

    query_builder 2022/05/10
  • 相続した不動産(戸建て・土地)の売却にかかる税金は?

    query_builder 2022/05/10
  • 離婚したら住宅ローンの支払いはどうなるの?

    query_builder 2022/05/03

CATEGORY

ARCHIVE