任意売却の流れは?

query_builder 2022/05/17
コラム
12

住宅ローンの返済ができなくなった場合に、残債がある状態で不動産を売却する「任意売却」。
今回の記事では任意売却の流れについて解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼任意売却の流れ
任意売却は、以下のような流れで行なわれます。

①価格査定、ローン残高の確認
まずは不動産会社に依頼して、住宅の査定価格とローン残高の比較を行ないます。
住宅の価格がローン残高よりも高い場合は、任意売却は成功したと言っても良いでしょう。
一方、住宅の価格がローン残高よりも低い場合は、任意売却後も残債を返済していく必要があります。

②債権者に許可をもらう
任意売却は、債権者(金融機関)の許可なしには行なえません。
債権者が複数人いる場合や連帯保証人がいる場合は、全員の了承が必要ですよ。

③売却開始
いよいよ不動産の売却が始まります。
競売とは異なり、任意売却は通常の売買物件と同じように売却できます。

④売買契約、引き渡し
買主が見つかったら売買契約を行ない、約1か月後に物件の引き渡しが行なわれます。
残債がある場合は無理なく返済していけるように、債権者と月々の返済額を交渉する必要もありますよ。

▼まとめ
任意売却は一定の流れで行なわれます。
まずは不動産会社に相談するところから始めてみてくださいね。

横浜市のヤマダ不動産 新山下店では、お客様の事情を踏まえた不動産売却を行なっております。
「住宅ローンが払えそうにない」「離婚するので家を売りたい」といったさまざまなご相談に対応しております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。

記事検索

NEW

  • 訪問査定とは?事前準備のポイントを解説!

    query_builder 2022/06/14
  • 机上査定と訪問査定の違いは?

    query_builder 2022/06/14
  • 不動産売却の流れについて解説!

    query_builder 2022/06/07
  • 不動産売却時の必要書類は?

    query_builder 2022/06/07
  • 不動産売却時の注意点は?

    query_builder 2022/05/31

CATEGORY

ARCHIVE