空き家の税金が上がる理由

query_builder 2022/04/12
コラム
1

空き家を放置していると、不動産に発生する税金である固定資産税が増加する場合があります。
今回は、空き家の税金が上がる理由について解説します。

▼空き家の税金が上がる理由
所有している住宅が長期間に渡って誰も住んでいない「空き家」になっていないでしょうか。
住宅を空き家として放置していると、固定資産税が最大6倍に増加する可能性があります。
空き家の税金が上がってしまう仕組みについて見ていきましょう。

■特定空き家の指定を受ける
不動産として所有している空き家が、市などの自治体から「特定空き家」に指定されることで固定資産税が上がります。
特定空き家とは、管理が行き届かないことで、景観を損ね破損によって周辺の住民の危険になると判断された空き家のことです。
空き家が下記のような状態の場合、特定空き家に指定されてしまいます。

・害獣や害虫が発生している
・窓ガラスが割れたまま
・草木が繁茂している
・家が傾いている

特定空き家の指定されないよう、定期的な家の修繕や草刈りなどの管理を行うといった対策が必要です。
管理が負担となる場合は、売却によって空き家を手放すことも選択肢の一つでしょう。

■控除の対象外になる
通常の空き家には、税金の負担が軽減される固定資産税の特例控除が適用されます。
しかし特定空き家の指定を受けることで控除の対象外となり、払う必要のある固定資産税が増加します。

▼まとめ
空き家の税金が上がる理由について解説しました。
住宅は、特定空き家に指定されることで支払う固定資産税が増加します。
空き家の放置による税金の増加防止には住宅の売却も効果的な対策です。
売却を検討の際にはぜひ当店に、ぜひお任せください。

記事検索

NEW

  • 訪問査定とは?事前準備のポイントを解説!

    query_builder 2022/06/14
  • 机上査定と訪問査定の違いは?

    query_builder 2022/06/14
  • 不動産売却の流れについて解説!

    query_builder 2022/06/07
  • 不動産売却時の必要書類は?

    query_builder 2022/06/07
  • 不動産売却時の注意点は?

    query_builder 2022/05/31

CATEGORY

ARCHIVE